適当生活のブログ (Flaky Life Blog)

当初はバイク旅をメインにしたブログにする予定だったのですが、

最近では、日々のジョギング、自転車、更には釣り、各メンテナンスの記事も・・。ブログ内にラーメンが多発します。(飯テロ注意)

そして、猫もいます。


ちょっと多趣味な管理人です。

しまなみ海道に行ってきました。


どうも、管理人です。


金曜日に今年最後の仕事が終了してから、色々車に積み込んで


高速へ。心配していた渋滞も特になく、スイスイと進みます。


家から目的地へは400キロ程離れていたのですが、日頃そこまでの長距離運転を
しない自分にとってはしんどくて、100キロ毎程にSAに寄ってましたw


途中小腹が空いたので、このSAの名物という肉うどんを食べます。


途中の宮島SA、夜ですので残念ながら宮島の鳥居は見えません・・。


尾道手前の八幡SAで車中泊・・・が、このSAはどうやらトラックの一時待機所にも
なっているみたいで、大型トラック数十台がずらり、


エンジン音で余り寝れませんでした・・。
でも、後で、自分の車のエンジンを掛けておくとトラックのエンジン音がかき消される
事が解りました。もっと早くやるべきだった。寝不足の状態で出発することになります。


そして尾道ラーメンののぼりが有ったので期待したのですが、
残念ながら営業時間外でした。



目的地に到着。



すぐそこは海です。

やってきたのは、しまなみ海道!!、本当に来てしまいました。



駐車場はレンタサイクルも兼ねており、沢山の自転車が並んでいます。



レンタサイクルのマーク。



駐車場の向こうは海・・。




駐車場から少し離れた場所がスタート地点の向島への渡し船乗り場になっています。




しばらく待っていると、渡し船がやって来ます。
大体5分~10分置きに来る様ですので、殆ど待たなくていいです。



自転車もそのまま載せます。


渡し船からの景色。向島は直ぐそばですので、ほんの数分の乗船ですが、
海を感じれて良いです。


乗船料は110円。(人だけなら100円)乗組員の人が回収に来ます。


こんな狭い場所も通ります。


完全に夜が明けました。
このブルーラインに沿って行けば、ナビが無くても島を渡って四国まで行けます。
スタート地点を撮り忘れましたw


島なんですが、コンビニとかスーパーとかその他普通に有って、島って感じが余りしません。




ここから今治へ向かいます。


景色が凄く綺麗でしたので、少し進んでは写真撮って・・の繰り返しで
休憩の方が多かったかもしれませんw


尾道大橋です。朝焼けでいい景色です。

2日早いご来光ですw

海岸での日の出はまた格別です。


橋へ向かう道への入口。
原付用と歩行者・自転車用で入口が違います。


橋は高い場所に有りますので、橋の道に行くには坂を登らなければいけません。


坂の傾斜は3%、緩い方なのですが、距離が1.1kmとやや長めです。


レンタルサイクルの人はクロスバイクならまだ軽いギアが有るから良いですが、
ママチャリだと登るのは結構辛いんじゃないかと思います。



橋に登って来ました。最初の橋だけ、橋の下に更に通路が有って、車以外はここを通ります。この上は道路です。



通路から見下ろすと・・結構高い・・w
上の道路に車が通ると結構揺れますw



ネットで調べていて、無料だとは知っていたのですが、料金所を通ろうとすると
自動アナウンスが流れます・・??もしかして無料じゃない??
そう思ってもう一度通ってwアナウンスを良く聞くと、原付だけ払ってって言ってましたw
更によく見ると垂れ幕に無料と書いてありましたが、自転車乗ってると気付かなかった・・。


因島に到着。


途中に有った謎の石像群・・。
石材店かな・・??


さっきの3%の坂だけではなく、橋に向かう途中にも結構坂が有ります。



途中のコンビニに立ち寄ります。
しまなみ海道沿いのコンビニとかお店には殆どこんな感じの自転車用のラックが有って
スタンドが無いロードバイクでも置けます。


いつもながらの重装備です・・。



コンビニの向かいにラーメン屋が・・!!


でも早朝で、さすがに営業時間外、帰りなら開いてるかな・・??



しかも、太刀魚ラーメンって・・。絶対食べたい。



途中の坂。選挙ポスターが何か引っかかりました。



2つ目の橋が見えますが、まだちょっと遠いです。



橋と一緒に撮影。


早朝は寒かったですが、日が出てきてからは、それほど寒さは感じませんでした。


・・と言っても10℃行くか行かないか位ですがw



次の橋の入口。
実はここを曲がるのに気付かずに一度通り過ぎてしまっていて、
青線が無いのに気付いたのがこの数キロ後でしたw


たまに直角に青線が曲がっている部分が有りますので、看板は良く確認しましょうw
ここでも管理人の方向音痴ぶりが発揮されましたw

次の島に向かう橋です。
橋の形が一々カッコイイ。


さっきのコンビニでもすれ違ったのですが、シャアザクさんがいました。


ホントに3倍位速い(自分と比べて)。見たのはこれが最後でした。


橋からの景色。瀬戸内海の景色は小さい島が沢山有って、とても綺麗です。


次の島に到着。大三島・・だったかな。


凄く斜面が急そうな山が有ります。

南国な感じの木が生い茂っています。

謎の廃バス。


サンセットビーチらしいです。
夕暮れ時にここを走ると素晴らしい景色が見えるんでしょうね。



次に渡る橋。


あんな遠いとこまで走るんだーって。自分でも感心します。


どの橋からの景色も素晴らしいです。



今日は天気がかなり良くて、絶好のサイクリング日和でした。
・・まあ寒いですけどねw


別角度から。


そして、サイクリストの聖地へ到着。


記念撮影。自分にとって、これは一生物の写真になるかもしれません。



ここからの景色も素晴らしいです。(それしか言えない。)



道の駅的な建物も併設してます。


しまなみ海道のマスコットの看板とパシャリ。




釣り人も結構いました。


このあたりの海は流れが速くて、流れの緩い部分と急な部分が交わって、もう少しで渦を巻きそうになっていました。




次の橋へ向かう坂の途中で休憩。


今日も即攻元気を携帯してましたので栄養補給。
バイク用のハンドルウォーマーを付けてますが、0℃で秋用グローブでも全然寒く有りませんでした。



次の橋です。




海が綺麗過ぎて毎回橋の上で写真撮ってしまいます。



次の島は伯方の塩で有名な伯方島みたいです。
・・・というか、いつの間にか愛媛県に突入してます。


そして、伯方島内に有る道の駅で休憩。


伯方の塩ソフトです。
見た目は普通のソフトクリームですが、
塩が甘味を押さえて、絶妙なおいしさになっていました。
塩の味はちょっとだけするかも。


冬に海を眺めながらソフトクリームという、あり得ない状態w
でも景色が綺麗です。



次の橋に向かう坂の途中。さっきの浜辺です。



次の島への橋。


日差しが眩しい。暗くなった時の為にサングラスをクリアレンズにしていたので、UVカットは出来るタイプでしたが、ちょっと眩しかったです。



またまた、橋の上からの風景。



橋を下から撮影。どの橋も画になります。


潮の流れが速い。



まだ島なので愛媛県の実感が今一つ有りません。



次の橋、この橋が一番長そうです。


これが最後の橋??


かなり長いです。



橋の上からの風景。


潮の分かれ目がはっきりと解ります。


そして、行きのゴール地点に到着。


ここは尾道へのスタートラインです。



今治のゴール地点は駅でした。


ここに来て、はじめて四国に上陸したんだと実感できました。


駅にGIANTストアが有って、正直、輪行袋買って(持ってきてなかった)そのまま帰ろうかwと思う位にもうヘトヘトでした。
脚は完全に死んでましたw


でも、人生で走れるのが今回で最後かもしれない?ので
途中ダメだったらリタイアしてフェリーとかバスで何とか帰る方針で、30分程休憩して帰路へ。


四国に上陸してからも結構走った気がします。
映画「海すずめ」の舞台にもなった松山も近いですね。(近くは無いですが・・。)



映画の方も、自転車な感じですが、とても良い映画ですよ。
amazonプライム会員の方は無料で見れますので是非見てください。




十字に伸びた雲。


脚が終わっていたので全くスピードが出なくて、
途中何人に抜かれたか解りませんw
坂なんか一番軽いギアでなんとか登れるレベル。


勝負を仕掛けられても連戦連敗wいや、もう勝負にならないw
というか・・ここに来る人達はみんなガチな人ばかりで恐ろしく速い。
あっという間に置いてかれます。


ショックだったのは登りでマウンテンバイクに乗った中学生くらいの子に抜かれて
しかもめっちゃ速いw
多分脚残ってても負けたかもw


後ろにロードに乗ったお父さんが居て、そのスピードにシッティングで普通に付いて行ってたのですが、あの子はきっと日本のロード界を引っ張る人間になるのかもしれません。



何とか休憩しながら進み、行きは早朝で閉まっていたお店に立ち寄ります。


帰りは何時間掛かるか解らなかったので、写真は殆ど撮ってません。


そして、半分位進んでトルチェというアイスのお店に到着。



でこみかんアイスを注文。
この名前はこの店の登録商標みたいですね。
疲れた体に柑橘系のアイスは効きます。
微妙な酸味が有って、美味しかったです。


お店を出るときに隣にいた2人の方から話しかけられて、
そのハンドウォーマーいいですよね。って言われました。
聞くと、その方達はブルべをやってる人達みたいで、
昨日からしまなみ海道の方へ来ていて、京都から輪行で来ようと思ってたら
終電逃したんでそのまま京都から自走で来たそうです・・汗


凄すぎる・・。調べると京都から尾道までは280km程有りました。
その距離を夜通しで走ってきて、更にしまなみ海道まで来るなんて・・。



帰りにも行きに有ったラーメン屋に寄ってみましたが、
準備中でした・・今日は休みだったのかな・・。
太刀魚ラーメンが食べれず残念・・。



想像はしていたのですが、暗くなってきました。
でもいいタイミングで帰れたと思います。夕暮れ時も絶景です。






きっと何処から見ても綺麗でしょう。



結局真っ暗になってしまって、船着き場を目指して進んでいたんですが、
ブルーラインが良く解らなくなって、白線も2本有ったりするとブルーラインと勘違いして・・迷いましたw
船着き場の行きのブルーラインを探して20分位さ迷ってましたw
今日はスマホ用のホルダを付けて無かった・・
ブルーラインを辿ればいいだけなのに、我ながらどんだけ方向音痴なんだとw



帰りの渡し船がやって来ました。



尾道の夜景です。


体が凄く冷えていて、駐車場に止めていた車に自転車を積んで
近くに有る温泉を検索、湾岸駐車場から300m位の所に銭湯が!
他は数キロ離れてるし、どうやら駐車場も無い。
その銭湯に行くことにしました。


その銭湯は細い路地の途中に有りました。入浴料は420円だったかな??
シャンプーとか石鹸は常備してありませんので、別途持って行った方がいいです。
受付で石鹸とかシャンプー等は販売しています。


入口に受付が有って、おばあさんと小さいお孫さんが店番をしてました。
料金を渡すと、お孫さんがお釣りをくれます。



そして、尾道に来て、これを食べずに帰るわけにはいかない。
尾道ラーメンです。それとチャーハンのセット。(600円でした。安い)


入ったお店は銭湯の近所に有る大将という、常連さんがちょこちょこ来る感じの
お店で、お客さんは余り居ませんでしたが、個人的には好きな味でした。


もうちょっとお客さん来てもいいと思うんだけど・・。
美味しかったです。



そして、帰りも車中泊の予定でしたので、本場のwダイソーへ。
見慣れた商品ばかりでしたが、品ぞろえが半端ないw
多分全商品有ったんじゃ無いでしょうか??


アイマスクとか耳栓なんかを買いました。



次の日も呉や広島散策の予定でしたが、混雑が予測されていましたので、
今回は1日で帰ることにしました。


帰りは宮島SAで車中泊。


そして、今朝帰宅。


お土産です。


左上が伯方島で買った伯方の塩。全国どこのスーパーにでも売ってるw
と思いますが、現地で買う事に多分意味が有ります。


それからバリーさんのストラップ。


他は宮島SAで買った物です。


キティーちゃんのカープ仕様はキティちゃん好きな母へ。
もみじ饅頭もカープ仕様。


瀬戸内仕様のコーラも有りました。
そして、しゃもじ型の祈願札。
色々有ったんですが、根性にしました。



という訳で、2dayを予定していた広島遠征でしたが、


1日短縮。


でも、しまなみ海道の綺麗な景色を堪能出来て、とても幸せな気持ちになれました。


課題としては自分の自転車での力量不足ですね。


また走る事が有れば、次はもっと鍛えてから走りたいです。



今回のスタッツです。
往復分の合計が出てます。


今回、サイクルコンピューターをリセットし忘れてましたので参考にならず・・。
GPSロガーの記録しか有りませんww


道迷ったり、かなり休憩しましたので色々と参考になりませんが、
最高速の所が87キロて・・バグってます。実際は40キロ程しか出てません。


走行距離は162.89km


合計時間は11時間12分となりました。


休憩3時間も取ってますw


片道約80キロですが、実際走るとそれ以上走っている気分です。



今回のルート、外周ルートと言うのが別にあったのですが、今回は最短?ルートで。
外周ルートにしたら多分余裕で往復200km超えるんじゃないかと思います。



高度です。


途中、高度こそ無いものの、結構キツイ&長い坂が有ります。



家に帰って、遅れながらも大掃除をやっていると、景虎君が登場。
布団もみもみしています。



この場をお借りして、


今年も色々お世話になりました。


来年もよろしくお願いいたします。


今年最後の記事になります。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。